「こむらがえり」とも呼ばれるふくらはぎがつる現象は1度は皆さん経験があるのではないでしょうか?
子供の頃はよくプールの時間などに、大人になってからは夜中に急に、また普段していないふとした動きでつってしまったなど様々です。
これも色々と言われていますが、どれも原因のホントのところはわかっていません

ナトリウム不足だとかカルシウム不足だとか……。

原因はさておき、つりやすい人ってどんな人でしょうか?
やはり緊張が強い人、血流が悪い人などでしょう。

私が印象に残っている方では、初めてフルマラソンの挑戦するという方でレースの前日に施術にいらっしゃいました。
以前より何回も通われている方なんですが、その日はいつもと違っていました。
とにかく何回もふくらはぎがつってしまうんです。
動かさなくても、触らなくてもです。

ご本人曰く「高校野球をやっていた頃から、試合の前日はこんな感じなんです」とのこと。
心理的な緊張がかなり影響していることが実感させられました。

夜間につりやすい人はレム睡眠(浅い眠り)の時に交感神経が強く働いてつってしまうのかもしれません。おそらく夢の中でも仕事をしていたり、ストレスのかかる夢でもみていたのでは?
ほとんどは覚えていないはずですが。

そんな方には30分メソードがおすすめです。
布団に入る30分まえに「はい!今日は閉店!」と口に出して宣言します。
もう仕事のことなどはあえて考えません。
どのみち頭に浮かんできてしまうでしょうが、それはそれでかまいません。
宣言することが大事なのです。

トリガーポイントセラピーを腓腹筋、ヒラメ筋を中心に全身に施します。
またPMRなどによって心身ともに力が入る、抜けるの感覚を覚えていただきます。