坐骨神経痛とはお尻から脚にかけての痛み全般のことをいいます。
いわゆる腰痛などと同じように広義な意味で使われており、病名ではありません。

特に多いパターンが、片側のお尻から太腿の裏や外側にかけての痛みやシビレです。

痛みも人によって様々で「太腿の裏がナイフで裂かれるような痛み」「冷たい鉛が脚に流される感じ」「太腿がつっているような感じ」「電気が走るような痛み」「ピリピリとした痛み」「太腿の感覚がない」「足が上がりづらい」「スネの外側や足首 の付け根が痛い」など他にも様々です。
痛み方や、痛む場所も日によって違ったりします。

私もこの状態に長年悩まされ、様々な治療を受けたり、調べたり、研究してきました。
最初に感じたのは小学5年生の時でした。野球をしていて、ボールを打って1塁に走ろうとしたその瞬間「カクッ」と腰が抜けたような感じがあり、その後になんともいえない鈍痛が出てきました。
当時「椎間板ヘルニア」という診断を受け、手術はしないまでもそれ以来十数年かばって生活する羽目になりました。しかし野球は続けました。
現在はというと、ほとんど何もありません。
たま~に疲れが溜まった時に軽く感じるくらいです。
疲れといってもカラダの疲れではなく、精神的に疲れた時です。

坐骨神経痛といっても、坐骨神経が圧迫されているから症状が出ているわけではありません。
椎間板ヘルニアや脊柱間狭窄症、梨状筋症候群なども関係ありませんのでご心配なく。

ただしじっとしていてもピリピリして、痛む箇所に沿ってブツブツが出てきたら早めに内科や皮膚科を受診して下さい。帯状疱疹の可能性があります。

いかにも坐骨神経が障害をおこしているようですが、そうではなく自律神経の乱れによる緊張が原因です。自律神経がストレスなどにより強く筋肉や血管 を収縮させ続けているために酸素欠乏がおき、痛みが強くなります。

神経も血流不足により感覚を鈍くさせたり、シビレさせたりします。簡単にいえば正座して足が痛くなったり、しびれたり、感覚がなくなるのと同じことです。
また力が入りづらいのは、入りづらいのではなくて、最初から緊張しているから動かしづらくなっているのです。

当院では、緊張している腰やお腹、お尻の筋肉に加えて、太腿から足先までの筋肉をトリガーポイントセラピーにて刺激していきます。
また痛むように固まっている体幹をCMT(カイロプラクティック脊椎マニュピレーション)筋筋膜ストレッチ、PMRなどにより本来のニュートラルな状態に戻していきます。

また 坐骨神経痛の方特有のある動きのパターンがあります。

歩き方や姿勢、身体の使い方全般も教えていき、ご自身においても改善していただくことも必要だということもご理解ください。
椎間板ヘルニアや脊柱間狭窄症、脊椎分離すべり症などと診断されてお困りの方もぜひ相談下さい。