ぎっくり腰(急性腰痛)その1

安藤です。
毎年12月になると、ぎっくり腰(急性腰痛)で来院される方が増えます。
12月にギックリ腰というと
「大掃除で前かがみになったら腰に電気が走った」
「大掃除で物を動かそうとしてギクッとやってしまった」
「風邪をひいてくしゃみをしたら腰をピキッと」
うようなことを想像される方が多いと思いますが、実はそうでもなく、
「何となく違和感を感じていたら、だんだんと痛みが強くなり動けなくなった。特に何をしたわけでもないのに・・・」
という人の方が圧倒的に多いのです。

何かの動作で腰に負担がかかって、ぎっくり腰になるイメージがありますが、それはきっかけであって原因ではありません。
その前から腰の筋肉がつりそうになっていて、ちょっとした拍子に、つってしまったということなのです。
おそらく、何もしなくても徐々に固まりだして、つってしまったことでしょう。

じゃあ「ぎっくり腰」の原因は何なのか?

正解は・・・

つづく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA